貯金を90%仮想通貨にしているミッチーのブログ

仮想通貨開始一ヶ月で一撃888万円を叩き出しました!ビットコインを筆頭に高騰を続ける仮想通貨の取引状況やICOについてブログにします! 貯金を全力でつぎ込むハイリスクハイリターンを狙ったガチブログ(^^)

経営者ほど仮想通貨ファクトムが魅力的に見える訳!

http://www.factom.jp/factom.jp-top_files/6379373_orig.png

http://www.factom.jp/

 

ファクトムを使えば、盲目的な信頼をもはや必要としません。ファクトムは、正確で、改変不可能で、第三者が検証可能な、データの記録を提供します。

ファクトムによる記録は、これを解決します。複雑であった、データの記録、保護、監査、コンプライアンスへの対応などを、簡単にして、コストを削減します。

ファクトムは、ブロックチェーン上に、改変不可能なデータ記録のレイヤーを構築します。ファクトムは、恒久的なタイムスタンプがおされた、データ記録を、ブロックチェーンに埋め込みます。

誰であろうが、ファクトムの記録を変更できる権限を持つ人はいません。なぜなら、ブロックチェーンを基盤として使っているからです。ファクトムは、ビットコインブロックチェーンに証明を記録することで、ビットコインのネットワークと同等のセキュリティ実現しています。

http://www.factom.jp/

 

ファクトム=書類をデータ上で証明し記録する事が出来る。

 

日本国内の経営者は書類を公的機関に取りに行く機会が多いです。

①会社で物(車など)を買う時、会社の印鑑証明、登記簿(発行から3ヶ月)

②ケータイ電話の買い替え 会社の印鑑証明、登記簿(発行から3ヶ月)

③年末の固定資産税計算 所有市町村で固定資産一覧表を作成 などなど

 

物を買う、契約する、税金を払う

 

会社を経営する上で、公的機関が証明した書類の提出を求められます。

 

そのたびに、法務局や市役所へ足を運んで1枚300円ぐらいする書類を発行しに行かないといけないのです。

 

毎回行くのは面倒だから1枚多く発行しておいて、3ヶ月以内に必要だったら使う。

など、書類発行の手間や必要のない書類まで発行したりしてロスが大きい。

 

インターネット社会の現代、PCでダウンロードして印刷すれば楽なのにまだ出来ない。

 

 

そんな、経営者や公的機関の悩みをファクトムが解決してくれそうな気がします!

 

書類をデータ上で証明し記録する事が出来る

 

必要書類の提出が必要な場合は、必要な企業や役所がインターネット上で参照する事で証明の確認が出来る(書類の改竄不可能な為)。

 

経営者は身分書1つでスピーディーに契約、納税をする事が出来る未来が来ます。

 

 

そう遠くない未来、昔はいちいち書類を申請して取りに行った時代もあったなと思える日は近いです!

 

請求書や納品書など、書類の電子化は進んでいますが

次のステップは電子化した書類に公的証明能力があるに間違い無いでしょう!

 

しかしそれがファクトムを使うかどうかは…

 

先駆者利益で後方を大きく引き離す躍進を期待します!

 

頑張れファクトム!

 

買おう買おうと思いながら、まだ安いコインを買って枚数を増やしたい誘惑に負ける

1枚も持っていないから早めにファクトムを買いたいな…笑

 

 

国内最初の盗難補償サービス付き、初心者の方に1番お勧めの仮想通貨取引所が【コインチェック】です。ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)の購入ができます。

↓↓↓買いたい時にすぐ買えるように登録だけしておきましょう↓↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

 

↓応援クリックして頂けると喜びます!

  ブログランキング・にほんブログ村へ